ホーム > 防水工事・雨漏り修繕

防水工事・雨漏り修繕

防水層は太陽光(紫外線)の影響で劣化し、漏水を招きます。10〜15年を目安に点検をおこない、不具合の進行が進む前にリフォームしましょう。

防水工事・雨漏り修繕のポイント

建物の構造や仕様、劣化診断結果を考慮し、それぞれのケースにあった防水工事をおこないます。必要以上のリフォームはおこなわず、ムダなコストは削減しましょう。

  • 屋上やベランダの塗膜防水の穴や亀裂、浮き上がりを塗り替え、防水性を高める
  • 屋上やベランダのコンクリートのひび、雑草の繁殖を改善し、防水性を高める
  • 手すりや金属部分の腐食、サビを塗膜防水する
  • 手すりや金属部分の腐食、サビを建材・設備の交換で安全性を高める
防水工事・雨漏り修繕のポイント
【施工日数】 1週間程度 ※工事範囲によります
※塗膜・乾燥を繰り返し、より丁寧な完成を心がけてます
【関連工事】 屋根リフォーム

防水工事・雨漏り修繕 コラム

1.10〜15年ごとの定期点検
常に露出している防水層は劣化しやすく、漏水の原因となります。
漏水は建物の基盤であるコンクリートの耐久性を低下させるため、大事に至る前のリフォームが必須です。 劣化が進んだ建物のリフォームは多額のコスト・時間がかかるので、10〜15年ごとの定期点検は、建物のサイクルコストの面から見ても有効です。

2.適正な防水工事の推進
防水工事は、防水層と建築の劣化状況を正確に判断したうえで、建材メーカーの仕様書に記載されている内容に照らしあわせておこないます。
したがって、劣化の状況を見誤っていたり、耐久性の低い建材の使用、間違った施工方法はムダな出費になるだけでなく、建物事態を傷めることになります。
「当たり前のことを、当たり前におこなう」精神で、当社は堅実な防水工事をお約束いたします。

防水工事・雨漏り修繕施工例

防水工事の主な施工例をご案内いたします。

施工例

傾斜の不備で屋上に絶えず水が溜まる状態でした。防水層の修理、ドレンまでの水路を作り、防水工事を施して問題を解消しました。

施工前
施工後

お住まいのことなら アドヴァンスホームテックへお気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-701-301
9:00〜18:00・年中無休

お問い合わせフォーム お見積りフォーム

上の画面へ

COPYRIGHT(C) 2006 Ad-vance CO., LTD. All Rights Reserved.

ビル・マンション・一般住宅総合リフォーム アドヴァンスホームテック株式会社 フリーダイヤル 0120-701-301 お問い合わせフォーム お見積りフォーム